在宅医療総合ケアセンター
ケアセンター外観 ケアセンターカンファレンス
ケアセンター外観 カンファレンス風景
居宅において日常生活を営むために必要な保険医療サービスまたは
 福祉サービス(指定居宅サービス等)を適切に利用できるように、
 要介護者とサービス提供事業所や行政との調整を行う事業所です。
心身の状況、環境、要介護者や家族の希望等を考慮して
 介護支援計画(ケアプラン)を作成します。
その他の介護に関する専門的な相談に応じます。
居宅において介護保険で受けられる居宅サービスの調整、
 居宅支援サービスの調整居宅支援サービス費にかかる費用の計算や
 請求などを要介護者の代わりに行う事業所です。
要介護認定申請受付、申請書の提出
介護認定調査の実施
指定居宅介護サービス事業所、介護保険施設の紹介、福祉用具貸与、
 介護保険施設対象外の紹介、その他の指定介護保険サービス提供事業者との連絡調整
居宅介護サービス計画作成、サービス担当者会議で要介護者が受けるサービスの検討
サービス計画に基づいたサービス提供の管理・サービスの再評価と
 サービス計画の練り直し
65歳以上の人
(第1号被保険者)
原因を問わず、日常生活に介護が必要となった場合に、認定をうければサービスが利用できます
40歳〜64歳の医療保険加入者
(第2号被保険者)
加齢による病気(※特定疾病)が原因で、介護や支援が必要となった場合に、認定をうければサービスが利用できます
※特定疾病には、次の15の疾病が定められています。
1.初老期の認知症 2.脳血管疾患 3.筋萎縮性側索硬化症 4.パーキンソン病 5.脊髄小脳変性症 6.シャイ・
ドレーガー症候群 7.糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症、糖尿病性神経障害 8.閉塞性動脈硬化症 9.慢性閉塞性肺疾患 10.両側の膝関節または股関節に著しい変形を伴う変形性関節症 11.慢性関節リウマチ 12.後縦靭帯骨化症 13.脊柱管狭窄症 14.骨折を伴う骨粗鬆症 15.早老症